2020年 10月
2020年10月26日(月)
小松菜、大根、水菜、ホーレン草、高菜を秀ちゃんが植えてくれました。もっと日当たりのイイ場所を秀ちゃんは狙ってましたが・・・そこは私が夢見る喫茶店の庭になる場所なので拒否してしまいました。一縷の望みを持ってないと生きる楽しみが有りませんから・・
▲top
2020年10月26日(月)
出来上がった黒ニンニク、最後のゴーヤの収穫、プチトマトは熟す事無く20粒位有りましたのでお漬物にしてみました。黒ニンニク造りは更に進化し・・と言うか・・いつも先行投資をしてしまうのですが、電子ジャーの一升釜を購入し4個の釜で作っています。色々試すと奥が深く、単なる電子ジャーでニンニクがくっつかないように配置し余裕を持って作るのが一番と解りました。こうすると中国産のニンニクでも商品価値は出てきます。国産は10倍の値段がしますから中々扱えません。初めてにしては上出来だと思いますが・・・
▲top
2020年10月26日(月)
白味噌に飽きた??とつぶやけば・・・こんな素敵な物が送られてきました。岡崎の八丁味噌、もろみ、川上屋の栗きんとん・・こんな事を載せると気を使われるかも知れませんが、そんなことは関係なく本当に嬉しくて自慢させて頂いております。それに「於大時代、色んな考え方を教えて貰いました」とお手紙まで添えてあり、池田・・久々の感動です。持つべきは素敵な田舎の後輩ですね。私よりずっと努力をして大成してるのですから、くすぐったいですが何の刺激もない暮らしの中でやる気を起こさせるサプリメントになりました。さあ〜今日もカーブス頑張るぞ〜トホホ・・これ位しか無いけど
▲top
2020年10月26日(月)
庭から掘り起こした梅の切り株です。捨てるのは勿体無いので・床の間に飾るオブジェを作ってみます。掘り起こすのに2日掛かった代物ですから・・又遊び道具にしなくては・・40年以上も前に友達のお父さんが作っていた光景が目に浮かびます。老後はこのように人の動きは同じく繰り返されるのですね
▲top
2020年10月26日(月)
今週も始まりました。昨日は町内会の草むしりでした。コロナで参加は自由、しかも65歳以下の元気な方の参加を望みます・・・との案内が有り、共に65歳は越えてますので戸惑いましたが、ご挨拶代わりの日でも有り缶コーヒーを持って二人で参加しました。田舎の掟なのか?自由参加なのに殆どが出席し30人位の人達がいました(通常は不参加者は2千円の罰金有り)作業が始まると「お喋りしてると1時間は直ぐに過ぎるのよ・・」とご近所の方が言われた通りでした。話す相手も無く一生懸命やると空気が読めない存在なのかも知れません。それでもここは桜が綺麗でお花見が出来るとか?自衛隊が打ち上げる花火は池田の家が特等席になるとか?色んな情報が入りましたし、失礼な事ですが喫茶店を遣るときの客の品定めもできました。こうして田舎暮らしに少しづつ馴染んでいます。
▲top
2020年10月19日(月)
川の流れの地形によって被害の大きさが違うのを目の当りにしました。この家の向こう側は被害が無くビックリでした。何も無ければ雄大な球磨川の流れに癒されて暮らしていた住民の方達が自宅で暮らせるのはいつになるのでしょうか??・・・当日は穏やかな流れになっていて、川幅もとてつもなく広く川底も深いので吸い込まれるような濃い緑に魅了されましたが・・異常気象で変貌してしまうのは怖いですね。何も出来ない無力さが情けないです。
▲top
2020年10月19日(月)
名古屋から友人が来てくれたので、7月の豪雨被災地を見に行ってきました。東北支援の時のようにボランテイアが出来る立場でも無いので只意味無く現地を訪問するのも気が引けたのですが・・・・何も知らないよりイイのではと思い、被害が酷かった球磨川沿いの八代市坂本町へ行きました。人影は無いのですが車を降りて撮影するのも戸惑う位で、動く車の中から撮影しましたが、何の復興も進んでいませんでした。本当に心が傷みますが・・・
▲top
2020年10月19日(月)
何処からともなく甘い香りが漂うようになりました。庭の木が何の木か解らなかったのですが金木犀でした。9本植えて有りますので暫くは楽しめそうです。庭に大きな切り株があって表面が腐食してたので掘り起し始めましたが、何と何と根が深く2日間かかりました。鋸で切ったりしないとビクともしません。余程大きな木だったようですが、ご近所の方の情報だと立派な梅ノ木が植えてあったそうです。
▲top
2020年10月19日(月)
雲の下の白い煙が阿蘇山の噴火口です。熊本の象徴をリビングから見られるなんて醍醐味ですよね!!是非、遊びにおいで下さい
▲top
2020年10月19日(月)
名古屋の前田先生から例年頂くギンナンとお化け柚子が届きました。引っ越して3ヶ月も過ぎると覚えていて下さるだけでウルウルするのに、贈り物が届くと又、名古屋に飛んで行きたくなります・・・本当に嬉しいです。
▲top
2020年10月12日(月)
週の初めを感じる出来事がもう一つ有りました。月曜日が三味線のお稽古日で、今日も三味線に合わせ「猫じゃ猫じゃ」を聞かせて貰いました。おめかけさんの家に行ったら若い先客がいて急いで隠れたのですがきずかれてしまい、問い詰められて「隠れてるのは猫だ」と弁解したと言う粋な小唄です。又々名古屋が懐かしくなりました。面白い事に三味線仲間の近藤さんが、私の幼少期のブスの写真をデーターに入れたからね・・・と仰っていましたが・・・・
▲top
2020年10月12日(月)
肌寒くなったので「おでん」を作ろうと思いまして・・お鍋の仕切りが欲しいなと思い付いたら毎度の「思い立ったら吉日」の行動に出て、ホームセンターから材料を買い即・仕切りを作ってみました。何で名古屋でお店遣ってる時に思い付かなかったんだろう??バカだなと思いながら・・気がついたんです。たぶんこの匂い!!ヒノキ風呂に入ってる「おでん」が出来上がるのだと。それで赤ワインを入れたりお醤油を入れたりして煮てみましたが、簡単に匂いは取れません。暫く漬け込んでみますが・・・何か方法は有りませんか?」
▲top
2020年10月12日(月)
今、黒にんにくを作っています。いざ作ってみると作るのは簡単なのですが余りの臭いに田舎でしか作れないんだと気が付きました。ガレージに置いて裏の窓を開けっぱなしにして匂いを分散しています。たぶんご近所に迷惑は無いと思うのですが・・・最初のは16日に完成予定です。3合炊きの炊飯器しかなくて15個くらいしか作れていません。一昨日5合炊きの中古を購入し大量に作り始めましたのでこの完成が21日の予定ですから、欲しい方はメール下さいね
▲top
2020年10月12日(月)
今週も始まりました。カーブスに通いはじめてから1週間のメリハリが付く様になりました。と言うのも土曜日がお昼まで、日曜日がお休みになっていますので何となく1週間のサイクルを感じられるようになったのです。兎に角、毎日通う事を前提として入会し頑張っています。マシンにも少しずつ慣れてきました。楽しくは有りませんが、こんなに会員がいるとは思わなかったので混まない時間帯を選んで行くようにしています。もの凄いおデブさんや80歳越えた方にはついつい目がいってしまいます。どれだけ痩せられるのか興味津々ですよね。私が力いっぱい踏み込んでもエアーの音がしませんが、おデブさんのはシューシュー言うので感心しきりで見とれてしまいます〜そう言えば最近、空を見るようになったので前向きになった証かも??あと相方に話をしまして、何も遣らないならリビングに居座るのは止めて欲しいと頼みました。誰だってずっと一緒にいるのは良くないから自分の部屋で過ごして欲しいと・・・・最近、少しは本を読んでるのかな??
▲top
2020年10月7日(水)
▲top
2020年10月7日(水)
一番左側が勇人です。おっとりしてるし兄弟の中で一人だけO型だそうで助かりました。他は全部B型。私はO型とが一番相性がイイみたいなので選択は間違ってなかったです。彼らが着てるベスト、名古屋から送って上げました。ユニクロも無くまだそんなに流行ってなかった材質でしたが・・・甥も姪も可愛いです。
▲top
2020年10月7日(水)
兄から凄い写真が出てきたと電話が有りました。右側の色黒の女の子は誰??と甥に聞いても解らなかったそうですが、正しく私のようです。こんなドブスだったとは・・隣に写る兄、和彦は村一番の男前と評判だったようですが・・
▲top
2020年10月7日(水)
10月の始めに忘年会の予約のお電話を頂きました。毎年使って下さる保険会社の労組の方からでしたが嬉しいような?切ないような気持ちでした。お店の番号は使われてなく携帯に電話してみたとの事。今年の忘年会はどうなるのでしょうね?先日、イエロー先生から小樽食堂、ラクラス等・・閉店した事もお聞きしました。仲間たちはどうしてるかと気になります。私はこんな悩みも無くなり毎日平和で幸せな筈なのに人間の欲望はきりが有りませんね。でも毎日1時間でもカーブスに出掛けると気分転換になります。昨日は勇人が3連休だったので玉名温泉の銭湯に出掛け「田原坂」も散策してきました。明治にこんな凄い戦争が有ったなんて信じられません。全国から若者達が集まっての戦争だったのですね・・・愛知県の戦没者を映してみました。熊本の銘酒「美少年」はここに集まったうら若き青年達から命名されたと知り悲しくなりました。
▲top
2020年10月7日(水)
早いもので10月も1週間が過ぎてしまいましたね。2日から4日まで兄夫婦が滞在してましたのでアッと言う間に時が経過し更新も怠ってしまいました。短い時間でしたが兄夫婦と時を同じく過ごしてみると、この10年間の移ろいを重く重く感じました。兄は78歳、立派な高齢者ですが往復300キロの道のりを休む事無く運転しますので元気なのですが、義理の姉が病気でお料理も出来なくなってしまいました。私が作った手料理に「たまにはこんなの食べたいな」と兄がつぶやいたので、肉じゃが、カレー、魚の南蛮漬け、生姜の佃煮等沢山持って帰るよう準備しました。これからは定期的に送ってあげようと思っています。そして、このように誰もが経験する老後について・・・いつ病気になるかも知れないけど常に前向きに考える人と一緒に過ごすのが一番生きやすく楽しい事!!だと痛感しました。今一緒に住んでる相方は義理の姉と同じ76歳ですが頗る元気です。でもいままで一度もお料理を作ったことが無い・・・これはそんな環境で生きられたのですから許すとして・・・・一日中家の中にいて2階から降りてくると15時間はダイニングの椅子を拠点とし殆ど動く事は有りません。私がカーブスに通い始めたので薦めるのですが全く興味を示しません。アレをしたいね!これもイイね・・・と話しかけてくれるのを待ってましたが諦めました。他人だから喧嘩も出来ません。こんな老後も寂しいものですが・・・いつかは目覚めてくれないかな〜
▲top
CGI-design